2020-11

日常会話

可能性の確度を表す「may be/should be/must be」の違い

英語では推測や確信など、その可能性の確度によってmay be / shoud be / must beを使い分けて表現することができます。3つのニュアンスの違いを簡単に解説します。
日常会話

すごい!コミュ力が一気に上がる「must be」の表現

「〜に違いない」という意味を持つmust be。must beは返事にも相槌にも使えて、会話の幅が一気に広がるとっても便利なフレーズです。
日常会話

「台無し」を意味するspoilとruinの違い

「〜が台無しになる」という意味で使われるspoilとruinですがspoilは「役に立たなくなる」ruinは「壊れる」とコアイメージが少し違います。それぞれの意味と使い方を解説していきます。
タイトルとURLをコピーしました