日常会話

big dealを使った「大したことない・大ごとだ」

日常会話
ヒジキ
ヒジキ

I’m so sorry I broke your vase.
花瓶壊しちゃってごめん。

トーフ
トーフ

No worries. It’s not a big deal.
心配しないで。こんなの大したことないよ。

謝られた時に「気にしないで、大したことないよ」って英語で答えることはできますか?
“a big deal(大したこと)”という名詞を使うと「大したことないよ」も「それは大ごとだよ!」もとっても簡単に言えてしまいます。ポジティブな意味にもネガティブな意味でも使うことができる便利なフレーズですので、是非覚えて使ってみてください。
それでは、今回も会話例とともに紹介していきます!

big dealの意味と使い方

“deal” は「取引」という意味で、よく日常会話の中でも “Deal?(約束ね?)” のように使われています。
“big deal” は直訳すると「大きな取引」ですが「大したこと、重大ごと」という意味合いで使われます。

名詞 big deal
発音 発音はこちら
意味 大きな取引、たいしたこと、重大事

It’s not a big deal.「大したことない!」

notを付けて “It’s not a big deal.” で「大したことないよ。」という意味になります。
謝られたり感謝されたときによく使われるイディオム表現で、「気にしないで。」と言いたい時の定番フレーズです!

I’m sorry, I spilled my coffee.
ごめん、コーヒーをこぼしちゃった。

It’s OK. It’s not a big deal.
いいよいいよ、大したことないよ。


「そんなの大したことじゃないじゃん。」と言いたい時にも使えます。

I worked 2 hours of overtime yesterday.
昨日2時間も残業しちゃったよ。

Calm down, it’s not a big deal!
騒ぎすぎ、そんな大した事じゃないから!

It’s a big deal.「大ごとだ!」

notを外すと “It’s a big deal.” で「それは大ごとだ!」という表現になります。

I was fired from work today.
今日仕事クビになったんだ。

Seriously? That’s a big deal.
マジ?それって大ごとじゃん!


「おめでとう!すごいね!やったね!」といったシチュエーションで使うこともできます!

I finally got a job offer from large company!
ようやく大企業の内定が取れたよ!

That’s a big deal! I’m so happy for you!
それってすごいじゃん!良かったね!

まとめ

同じフレーズなのに、会話によって真逆のニュアンスになってしまうのが面白いですよね。
いいことも悪いことも、大ごとが起きた時には “big deal” です!
是非使ってみてくださいね。

Study Japanese Language

English It’s not a big deal.
Japanese 大したことないよ。
Romaji Taishita koto naiyo.

タイトルとURLをコピーしました