日常会話

やらせ番組の「やらせ」は英語で?簡単で覚えやすい2つの表現

やらせは英語でstaged日常会話
トーフ
トーフ

That’s totally staged.
これは完全にやらせでしょ。

ヒジキ
ヒジキ

Everybody says that. 
みんなそう言ってるよね。

やらせ番組、やらせのレビュー、世の中にはたくさんやらせが蔓延っていますね…。
この「やらせ」は英語でも色々な言い方で表現することが出来ますが、その中でも簡単で覚えやすい2つの表現をご紹介します!

“staged” を使った「やらせ」の例文

“stage”(舞台・ステージ)の変化形 “staged“(舞台用に書かれた)を使ってテレビ番組などの「やらせ」を表現することが出来ます。

That’s totally staged.
(これは完全にやらせでしょ。)

Everyone knows it’s staged.
(それはやらせだってみんな知ってるよ。)

形容詞 staged
発音 stedʒd 発音はこちら
意味 舞台用に書かれた、やらせの

“fake” を使った「やらせ」の例文

日本でも馴染み深い “fake” を使って「やらせ」を表現することもできます。

That’s so fake!
(それやらせでしょ!)

Don’t you think this TV show is fake?
(このテレビ番組はやらせだと思わない?)

The company paid people to write fake reviews.
(あの会社はお金を払ってやらせのレビューを書かせた。)

フェイクレビューは日本語だと「サクラを雇ってレビューさせる」という表現のほうがピッタリですね。

名詞 fake
発音 féɪk 発音はこちら
意味 偽物、嘘

Study Japanese Language

English That’s totally staged.
Japanese これは完全にやらせでしょ。
Romaji Koreha kanzenni yarase desyo.

タイトルとURLをコピーしました